蕎麦屋

 まだ正月気分が抜けきらず,
今週は仕事のほうも定時を過ぎると,
早々に職場から離れる日々だ。

今日も早々に職場を後にし,
三越で買い物を。

SALE品となっていたワイシャツ2着購入。

そのあとは美術館南にある蕎麦屋「古川」で,
鴨の竜田揚げを肴にビール・日本酒を嗜み,
最後はもり2枚をいただく。

もりを食べている時,
同じ店内にいた老婦人から,
自身の蕎麦をすする音を耳にして,
「凄いですね,江戸っ子みたい」と声をかけられた。

いい意味なのかそうでないのか分からないまま,
当たり障りのない返事をして受け答えたが,
思いがけずのやり取りを交わした。


 と,今日はのんびりとした夜だったので,
久しぶりに一日の出来事を記してみた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年01月10日 20:04
江戸っ子に間違われるなんて、粋に召し上がってたんですね。
私は関東に来たての時、蕎麦湯を前にこれは何をするものなのかと固まりました。今では、なくてはならない蕎麦湯ですが。
2013年01月10日 22:19
 杏さん,コメントありがとうございます。

自身東京に住んでいた時は,もっぱら蕎麦派でした。

香川ではあまりなじみのないそば湯,確かになくてはならないものですね。

幸い古川ではちゃんと出してくれますよ。

この記事へのトラックバック